解決事例

開業資金の支払負担が重く、法人破産とともに、個人としては住宅を残すことができる個人再生を行った事例

業種:不動産業 負債総額:約2000万円 債権者数:約10社程度 ご依頼の背景 前職での実績やコネクションを生かして独立開業したものの、店舗に投入した開業資金の支払負担が厳しく、また、受注案件の回転(売上回収)が間に合わず、資金繰りが悪化していった。 自宅は住宅ローンを組んでおり、家族の関係もあったため、自宅を残したい... 続きはこちら≫

Eコマースで販売手数料・販促費が重かったが、再建の可能性を探りつつ、最終的に法的整理を選択した事例

業種:ネット卸売業 負債総額:約2000万円 債権者数:約10社程度 ご依頼の背景 アパレルのEコマース事業を主軸に展開していたものの、Eコマースに付随する課題である販売手数料や販促費の負担が多く、営業利益の確保に難儀していた。経費削減などを行いつつ、事業再建の試行錯誤をしたものの、仮に、再生スキームを選択した場合の今... 続きはこちら≫

従業員の退職・リストラをきっかけに清算と再建を決断した事例

業種:セールプロモーション事業 負債総額:約2000万円 債権者数:約5社程度 ご依頼の背景 ビジネスモデルとして、人員が必要な事業モデル(セールスプロモーション)でしたが、競合他社との価格競争の結果、利幅が減少していた中で、業績向上・多角化の観点から、異業種へ参入したが、収益化に至らず、その後、本業についても従業員の... 続きはこちら≫

法人および法人代表者の破産により解決・立て直しした事例(HP制作業)

業種:HP制作業 負債総額:2000万円程度 債権者数:10社(名)程度 業績悪化理由・概要:売上不振 ご依頼の背景 業界での経験・ノウハウを活かし独立・企業したものの、受注単価の低廉等のために利益確保に苦心し、その分の法人の資金不足を補うため、個人でのキャッシング等が膨らみ、月額返済額が30万円以上に達した為、負債処... 続きはこちら≫

法人および法人代表者の破産により解決・立て直しした事例(フィットネス関連事業)

業種:フィットネス関連事業 負債総額:5000万円~1億円 債権者数:10社(名)程度 業績悪化理由・概要:売上不振 ご依頼の背景 数千万規模の創業融資を受け、設備投資をし、オープンしたものの、利用者の伸び悩み等によって、徐々に負債が業績を圧迫。 事業譲渡を検討したものの、抜本的な解決に至らず、法人および代表者の破産申... 続きはこちら≫

M&Aによって債務処理した事例(ウェブサービス業)

業種:ウェブサービス業 負債総額:1億円 業績悪化理由:売り上げ不振 ご依頼の背景 コンテンツが注目を集め、一時期は業績拡大が奏功したものの、会員の伸び悩み、課金モデルの確立未了等によって、徐々に負債が圧迫していったが、M&Aによって債務処理を行った事例。 弁護士の所感 事業不振に陥った場合でも、有望な商品、優良取引先... 続きはこちら≫

M&Aによって債務処理した事例(小売業)

,

業種:小売業 負債総額:6億円 業績悪化理由:売り上げ不振、出店・退店コスト増、人員不足 ご依頼の背景 商品開発・店舗開発に成功し、業績拡大が奏功したものの、不採算店の保有や退店に伴うコスト増、マネジメント層の人員不足等が重なり、財務状況が悪化した。法的清算も検討されたが、M&Aによって債務処理を行った事例。 弁護士の... 続きはこちら≫

任意売却によって財務を立て直した事例

業種:機械メーカー 負債総額:2億円 ご依頼の背景 工場を保有する機械メーカーであったが、本業不振により、支払に窮していたところ、不動産売却・債権者交渉・リストラクチャーによって債務を圧縮し、自主再建を行ったケース。 弁護士の所感 本業の不振に至った場合、事業清算の話も出始めることがありますが、不動産売却も含めた抜本的... 続きはこちら≫

債務処理を通じて生活を立て直した事例

業種:ソフトウェア開発業 負債総額:1000万円 ご依頼の背景 ソフトウェア開発事業を行う事業主であったが、共同事業者との不和や受注不振により、残債が残るに至った。債務の清算とともに、再就職先を模索し、生活の再建が行われた。 弁護士の所感 事業を廃業して残債が残る場合、分割弁済するケースと精算(破産等)を行うケースがあ... 続きはこちら≫

申立準備に時間を要せざる得なかった事例

業種:ソフトウェア開発業 負債総額:2000万円 ご依頼の背景 ソフトウェア開発事業を行う会社であり、従前は優良な顧客から継続的・安定的な受注を得ていたが、取引先の発注方針の変更により、受注が激減し、新規受注が枯渇し、清算を余儀なくされた。申立関連費用の工面にも苦慮したが、未収金の回収などによって工面した。 弁護士の所... 続きはこちら≫

早期申立により資産散逸を防いだ事例

,

業種:不動産業 負債総額:1億2000万円 業績悪化理由:新規事業の失敗 ご依頼の背景 勤め先で得たノウハウや人脈等を生かし、不動産業にて独立創業し、当初は仲介を中心に業績好調だったものの、リノベーション事業に着手後、仕入れた不動産の売却に苦戦し、大幅な損失を計上した。 あらためてビジネスモデルを構築し、収益が見えてき... 続きはこちら≫

任意売却により自宅を守れた事例

,

業種:印刷業 負債総額:6000万円 ご依頼の背景 時流に乗った受注を取り付け、一時期は高い売り上げを誇っていたが、得意先からの受注削減、商流見直しによって、売り上げが激減し、受注を頼りに行ったばかりの大規模な設備投資が収支、キャッシュフローを圧迫した。 住宅ローンが残っていたが、適切な評価の元、信用不安が広がる前に資... 続きはこちら≫

レジャー事業-民事再生事案

業種:レジャー 負債総額:15億円 ご依頼の背景 複数のレジャー事業を行う会社であったが、過剰な設備投資、利用客の減少、高金利での資金調達、事業承継等が重なり、手形不渡りを起こす事態を招いた。 民事再生を通じて債務カットを行い、不良債権の回収・紛争処理なども行うことで、雇用を守りつつ、事業再建を行った事案。 弁護士の所... 続きはこちら≫

スポンサーへの株式譲渡により清算したケース(ベンチャー)

,

業種:メーカー 負債総額:3億円 ご依頼の背景 先駆的なテクノロジーと経営陣の新規ビジネスの着眼により、業界でも先進的なポジションを築いていたが、注目度に比し、業績は芳しくなかった。 キャッシュフローも逼迫していたが、優良なブランドイメージ、顧客層、経験あるスタッフ、設備などに魅力を感じるスポンサーが見つかり、M... 続きはこちら≫

リスタート時に手元資金を確保できた事例

,

業種:小売 負債総額:4000万円 ご依頼の背景 小売店舗を多店舗展開していたが、立地勝負の業態であり、競業が多数近隣に出店されるに至り、かつ、社内不祥事なども重なり、清算は不可避となった。 テナント出店であり、原状回復すら困難な状況であったが、交渉の結果、無事清算に至り、リスタートを切りことができた。 弁護士の所感... 続きはこちら≫

自宅を守れた事例

業種:印刷業 ご依頼の背景 時流に乗った受注を取り付け、一時期は高い売り上げを誇っていたが、得意先からの受注削減、商流見直しによって、売り上げが激減し、受注を頼りに行ったばかりの大規模な設備投資が収支、キャッシュフローを圧迫した。 住宅ローンが残っていたが、適切な評価の元、信用不安が広がる前に資産譲渡を適切に行い、リー... 続きはこちら≫

事業のスリム化による事業再生事例

業種:建設業 負債総額:約5億円 業績悪化理由 受注不振、収支悪化 ご依頼の背景 公共工事等の実績、歴史がある建設会社であったが、公共工事の受注減等により売上減少にあったが、抜本的な対策を取らないまま、負債は増加していった。新規事業を試みるも、慣れない業務で経費がかさみ、逆に収支を圧迫していた。 事業清算の話も出始めて... 続きはこちら≫

社長自身の個人資産も運転資金に費やされた結果、手元資金が極限まで限られる瀬戸際のタイミングでの申し立てにより、事態を回避したデザイン会社の事案

業種:広告デザイン会社 負債総額:約3000万円 ご依頼の背景 代表者は大手デザイン会社に勤務後、独立して広告デザイン会社を経営していたが、不況の中で広告費の削減、技術革新等も相まって、受注額、利幅が減少し、収支が悪化していた。手元資産が限られる中、相談から約1カ月でも申立を行い、スピード解決となった。  ... 続きはこちら≫

売り上げは過去最高を記録するも、黒字倒産に陥る中、早期対応により混乱を最小限とした建設会社の事例

,

負債総額:約3億円 業績悪化理由:大口取引先の連鎖倒産、受注先行に伴うキャッシュフロー悪化 ご依頼の背景 売上は順調であったが、大口取引先との関係で数千万円に上る債権が焦げ付いたこと、受注先行に伴いキャッシュフローが悪化していたこと等が原因となった。   仕掛中の案件も少なくなく、混乱は避けられなかったが、代... 続きはこちら≫

優良顧客に恵まれ、売上自体は確保できていたものの、滞納税金が多額に上っていたため、事業再生を決断した電設事業会社

負債総額:約2億円 業績悪化理由:事業拡大期の過剰投資、税金滞納 ご依頼の背景 優良顧客に恵まれ、順調に業務拡大をし、不動産投資等も積極的に行っていたが、顧客の減少、受注優先の利幅の少ない案件の増加、業務拡大期の税金未納などが重なったこと等が原因となった。   債権者からの訴訟なども提起されていたが、家族等の... 続きはこちら≫

企業の再生・破産に関するお悩み 無料相談受付中! 弁護士が親身に対応します。 TEL:03-3527-2908 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

民事再生・破産に関するご相談メニュー

  • リスケジューリング
  • 民事再生
  • 会社破産
  • 会社分割
  • 会社更生
  • 私的再建