初回相談時のお持ち物

 会社の破産にあたり必要となる書類・資料等は、次のとおりです。

 会社によって、多少異なる場合もあります。
 最初のご相談の際には、さしあたり、手元にあり揃えられる書類・資料等をご持参ください。その後、お打合せをしていく中で、御社に必要な書類・資料等をご用意いただきます。

 最低限という意味では、「決算書」のみでも対応しております。

1 必須書類・資料

・決算書類2~3期分(2期未満の時は、ある限りで構いません)

 税務申告書一式。貸借対照表、損益計算書、減価償却資産目録など

・債権者一覧(正確なものが望ましいですが、概要でも結構です)

 債権者名、残存の残債など

  ※債権者一覧は、こちらを参考にご用意下さい

2 会社名義の資産に関する書類・資料等(2回目以降のご相談時でも結構です)

・会社の預金通帳2年分

・会社名義不動産の不動産登記の全部事項証明書(いわゆる登記簿)・固定資産税評価証明書

・会社名義で賃借している物件・駐車場等の賃貸借契約書

・会社名義で契約しているリース物件のリース契約書

・会社名義で契約している生命保険・損害保険の保険証券とその解約返戻金が分かる資料

・会社名義で所有している自動車の車検証

・会社名義で保有している有価証券・ゴルフ会員権などの証券とそれらの時価が分かる資料

3 会社の負債に関する書類・資料等(2回目以降のご相談時でも結構です)

・借入金に関する金銭消費貸借契約書と返済表(借用書・念書などの題名のものも含みます)

・会社名義で契約しているリース物件のリース契約書

初回相談時のお持ち物関連する記事はこちら

企業の再生・破産に関するお悩み 無料相談受付中! 弁護士が親身に対応します。 TEL:03-3527-2908 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

民事再生・破産に関するご相談メニュー

  • リスケジューリング
  • 民事再生
  • 会社破産
  • 会社分割
  • 会社更生
  • 私的再建